FC2ブログ

稜線を渡る風

棚田と天の川 

水を張った棚田に映る天の川
今年も行けると良いけど・・
2020-04-29-1.jpg

スポンサーサイト



trackback: -- | comment: 0 | edit

避難小屋と天の川 

2018年の画像です。小屋の周りにはヒメボタルが飛んでいました。
今年は新月期で良さそうですがコロナが収まっているのを願っています。
2020-04-27-1.jpg

trackback: -- | comment: 2 | edit

永田岳から宮之浦岳に架かる天の川 

2014年のGWに屋久島の天の川を撮って以来、どうしても撮りたかったのは
「永田岳から宮之浦岳に架かる天の川」
2017年のGWにそのチャンスが巡ってきました、山の会の仲間2人と屋久島へ
2016年にも計画したのですが、その年は熊本地震で直前にやむなくキャンセル

岡山発6:51の「みずほ」に乗れば、トッピーを乗り継いで、屋久杉自然館発最終のシャトルバスで荒川に入り、その後5時間ほど歩けば、日が暮れたころ縄文杉に着くことが出来ます。

2020-04-25-1.jpg
夜の縄文杉、天の川はやっぱり無理
縄文杉の後ろにも新しくデッキが出来ていました。
翌日はいよいよ永田岳へ、テント、食料など重いものは山友に担いでもらいましたが、それでも、最後の永田岳の登りでは炊事用の水2Lとカメラ用具で18kgはあったでしょうか

2020-04-25-2.jpg
永田岳から見る宮之浦岳、快晴で雲一つ有りません

2020-04-25-3.jpg
念願の画像ですが色むらで四苦八苦しています。

2020-04-25-4.jpg
朝の宮之浦岳、水平線との境が曲者です。
フジのミラーレスで撮った写真ですがソフトフィルターを付けたままでした。
この後、花山歩道を下山、長かったです。

下山してからは安房の素泊まり旅館に3泊、計画では西部林道から東シナ海と天の川、湯泊温泉で天の川などあったのですが天気が崩れてきて撃沈

2020-04-25-5.jpg
西部林道で天の川、この後曇ってきました。

屋久島には、7回ほど行っていますがまだ、咲き誇る屋久島シャクナゲを見た事が有りません。
昨年の5月末に計画したのですが屋久島を襲った集中豪雨で登山道が崩れて
これも直前にキャンセル
そして今年は、新型コロナウイルスでダメ
シャクナゲと光るキノコを撮りたかったのですが・・・
早く新型コロナが収束して、以前のような生活ができるように
それにしても、中国とWHOのあの態度はなんだ
trackback: -- | comment: 0 | edit

屋久島で天の川を 

2014年5月2日、午前0時過ぎからやっと雲が取れてきました。
塚崎の浜から撮った天の川、ISO3200 F2.2 25秒を10枚重ねています
2020-04-24-1.jpg
明かりは中間浜海水浴場当たりの明かり、ソフトフィルターを付けています。当時は何でもソフトフィルターを付けた方が良いと思っていました。

この後、前から撮りたかった平内海中温泉へ
2020-04-24-2.jpg
ISO3200 F2.8 30秒を4枚重ねています

2014年5月3日
春田浜で昇ってくる天の川
2020-04-24-3.jpg
屋久島は南に明かりが無いので、天の川自体は綺麗に写りますが、水蒸気の
影響か海面との境がムラになるようです。

紀元杉と天の川です
2020-04-24-4.jpg

南向きで撮れる場所が有りません
2020-04-24-5.jpg

4時ごろ、宮之浦岳に登る登山者の車が脇を通ります。
何をしているのか不思議そうにスピードを緩めて通る車、なかには止まって
何を撮っているのか尋ねる人も、そのたびにやり直しです。

5月4日は縄文杉へ、写友に「縄文杉と天の川と撮ってきて」と頼まれていたけど、見事撃沈
その後、何度か夜の縄文杉に行く機会が有りましたが、縄文杉の根元に行けば撮れそうですけどデッキからは難しいです。

5月5日は湯泊でホタル、栗生浜でウミガメの上陸を見ました。
ウミガメの産卵と天の川が撮れないかな、とか思ったものでした。

星を撮り始めた初期の写真です、今だったらもう少し上手に撮れないかなとか
思っています。
trackback: -- | comment: 0 | edit

白馬大池と天の川 

2013年8月11日 ペルテウス流星群の夜でした
「Sequator」で再処理
2020-04-21-4.jpg

2020-04-21-5.jpg

2020-04-21-6.jpg

trackback: -- | comment: 2 | edit

大山頂上 天の川 

2012年7月22日 里のヒメボタルも終わり、シーズン最後のヒメボタルを求めて大山頂上へ
感度をあげて固定撮影で撮った画像が無いか探していたら有りました

2020-04-21-1.jpg
カメラ:5DⅢ レンズ:シグマ15㎜F2.8 ISO6400 F2.8 15秒 17枚を「Sequator」で処理 

2020-04-21-2.jpg
「Sequator」でベースに使った一枚をフォトショップで処理

画面では分かりにくいけど、明らかにノイズの軽減が見られます。
trackback: -- | comment: 0 | edit

奇岩と天の川 

2020-04-20-2.jpg
ISO3200 F2.2 30秒の10枚を「Sequator」で処理してみました

2020-04-20-3.jpg
「Sequator」でベースに使った一枚をフォトショップで処理

trackback: -- | comment: 0 | edit

又兵衛桜と天の川 

不急不要の外出を控えています、過去画像の再処理です。
最近「Sequator」と言う、天の川・星景写真のノイズを除去する無料合成ソフトの使い方と写友から教えていただきました
真っ黒な星空をノイズ無しで綺麗に撮るには、ISOを下げて長時間露光で撮るのが一般的ですが、しかし、シャッタースピードが長くなればなるほど、星が線状に写ってしまい、星の動きとカメラを同調させる赤道儀を使う必要があります。
この赤道儀ですが私が持っている一番軽いポラリエでも、雲台を入れると1kgは超えます。
登山して、山の上で星を撮る時、この1kgの違いは大きいです。

2019-4-7、奈良の又兵衛桜と天の川です。
カメラマンが多かったです、今年は150人位とどこかで書いていたけど、
この日は400人以上、いやもっと居たでしょうか、100M以上にわたって3列に並んでいました。

2020-04-20-1.jpg
ISO4000 F2.8 20秒の10枚を「Sequator」で処理してみました

2020-04-20-0.jpg
「Sequator」でベースに使った一枚をフォトショップで処理

ノイズの違いはありますか?
「Sequator」で処理するとき、元画像はISO感度をあげて(ISO12800位)、少し明るめに取った方が良いようです。
今までにISO12800なんかで撮った画像が無いので、それ用に撮りに行きたいのですが、コロナのために行けません。

trackback: -- | comment: 0 | edit

雨晴海岸 女岩に架かる天の川 

2020-04-18-1.jpg

2020-04-18-2.jpg
再処理してみました、薄明の時間が過ぎています。
雨晴海岸は3度トライしましたが絶景には出会えていません。
trackback: -- | comment: 0 | edit

見附島と天の川 

再処理しました
2020-04-17-1.jpg

trackback: -- | comment: 0 | edit