FC2ブログ

稜線を渡る風

火打山へ 

テントの中で少し休んだ後、青空が出てきたので火打山へ
今回の山行の目的は高谷池ヒュッテとテントの明かりを入れて、天の川とオリオン座の撮影です。
私は軟弱なので、テントも食料も持てません、その上山友に三脚も持ってもらいました、それでもザックの重さは13kgくらい有りました
夜の撮影ポイントを探しながら出発
2020-09-24-1.jpg
この位置から天の川とオリオン座が撮れそう

2020-09-24-2.jpg
雲が取れそうで撮れない火打山

2020-09-24-5.jpg
天狗の庭、以前来たときはワタスゲが咲いていました

2020-09-24-3.jpg
少し登ってきたけど、頂上は晴れそうにないし夜の撮影のため体力温存
頂上は山友に任せてテントに引き返す

スポンサーサイト



trackback: -- | comment: 0 | edit

渋峠 

戸隠山を縦走していたら、地元のグループがいて、渋峠の事を聞くと
今が一番紅葉も綺麗、2時間位で行けると言うので、下山後渋峠に
実は、2日目は火打山を予定していたのですが、台風通過で風も強そうなので
以前から行って見たかった渋峠に変更。
2018-10-15-1.jpg
峠で車中泊する予定でしたが、水を持って上がっていなかったので、夕日だけ見て渋温泉で風呂に入って麓の道の駅に
風が強くて、焼けそうになかったのですが、この10分後にとんでもない位に焼けました、でも車はすでに下っています。残念・・・

翌朝2時頃になると、風も収まったので渋峠に
3時に到着したら、とんでもない数のカメラマン
直ぐに、第一目的のオリオン座を撮るがカメラをセットしたらすぐにガスが出てきました
2018-10-15-5.jpg
もう30分早く来れば良かった
ガスが晴れたのは、太陽が出て、6時も過ぎてでした。
2018-10-15-2.jpg

志賀高原の紅葉
2018-10-15-3.jpg
2018-10-15-4.jpg

trackback: -- | comment: 0 | edit

戸隠山(1904m)2018年10月6日:修験者の山で紅葉を楽しむ(3) 

頂上から分岐の不動避難小屋まではアップダウンが続きます。
周囲の紅葉は真っ盛り
2018-10-11-1.jpg

中央右の光が当たっていると所が杉並木の参道
2018-10-11-2.jpg

時々、ガスが懸かって良い雰囲気
2018-10-11-3.jpg

2018-10-11-4.jpg

分岐を13:00、下山14:30 7:30スタートの7時間でした。
不動滝
2018-10-11-5.jpg
滝の左から一枚岩の上をトラバースします。
戸隠山、噂通りの山でした。
trackback: -- | comment: 0 | edit

戸隠山(1904m)2018年10月6日:修験者の山で紅葉を楽しむ(2)  

2018-10-10-3.jpg
周囲は切れ落ちています、私はここが一番怖かった
「胸突き岩、斜度約70度、15m、鎖あり、上部右へ3mトラバースで抜ける」
を過ぎるといよいよ、蟻の塔渡、剣の刃渡が現れる。
2018-10-10-4.jpg
2018-10-10-5.jpg

核心部を通過して、八方睨で小休止、頂上までは10分程
2018-10-10-9.jpg
2018-10-10-10.jpg
 
trackback: -- | comment: 0 | edit

戸隠山(1904m)2018年10月6日:修験者の山で紅葉を楽しむ(1)  

7時30分、駐車場を出発、杉並木を40分歩くと戸隠神社に着きます
2018-10-10-1.jpg
思ったより小さな神社です。神社のすぐ横に戸隠山の登山口が有ります。

登山口にある看板
2018-10-10-6.jpg

頂上までは約2時間半、なかなか大変そう
いきなりの急坂、1時間程登って行くとやっと視界が開けて戸隠山の南壁が見えてくる。
紅葉が綺麗です
2018-10-10-2.jpg

百閒長屋から見る飯綱山
2018-10-10-7.jpg

ここを過ぎると、いよいよ核心部に入って行く
2018-10-10-8.jpg

「蟻の塔渡り」までは鎖、トラバース、鎖の連続
trackback: -- | comment: 0 | edit